Web Shakehands
Web Shakehands

Language


「Contact Form 7」プラグインを使用する


ウェブサイトにはお問合せや申し込みのフォームが欠かせません。

ユーザーがウェブサイトのオーナーとやりとりをするためには、まずはフォームを設置し、そこからコンタクトを取っていただく必要があります。

ワードプレスでもっとも有名なのが、「Contact Form 7」です。

ワードプレスを導入したら、セットで入れたいプラグインの一つです。

さて、ここでは「Contact Form 7」のインストールの方法とフォーム設置に関して気を付けたいことを明記させていただきます。

使い方と詳細な設定方法はこちらのページが詳しいので、URLを掲載させていただきます。

英語サイト
http://contactform7.com/docs/

日本語サイト
http://contactform7.com/ja/docs/

まずはインストールの方法です。



「プラグイン」を左メニューからクリック。

Contact Form 7 Instull06


「新規追加」をクリック。

Contact Form 7 Instull05


「Contact Form 7」とプラグインの検索欄に入力

「今すぐインストール」をクリック。

Contact Form 7 Instull04


「プラグインを有効化」をクリック。

Contact Form 7 Instull03


「Contact Form 7」 がリストに追加されているのが確認できます。

Contact Form 7 Instull02

フォーム設置で気を付けたことを明記させていただきます。

フォームから送信した際にエラーが出ることもあります。

また、スマートフォンから送信をした際に、端末のフィルター設定などで、上手く受信ができないということもあります。


このようなエラーが出る前に、予めユーザーに伝える必要があります。
そのため、予約フォームの上部などに注意書きを書いておくのがお勧めです。

サンプルメッセージ:
「予約フォームからご予約の場合、24時間以内に返信が届いていないときは、アドレスが間違っているか、受信拒否となっていることがございますので、再度ご連絡をお願いいたします。」

Contact Form 7 explanation

予約が完了した際に表示されるエラーメッセージはContact Form 7から設定ができます。

Contact Form 7 explanation

最初は英語になっていることがありますので、こちらのサイトからコピー、ペーストして、日本語表記にしておくといいでしょう。

http://45395.org/cms/wordpress/contactform7-install-and-setting/

2つ目に、これは必ずしも必要ではないかもしれませんが、ビジネスサイトや販売サイトには、個人情報に関する「プライベートポリシー」を記載しておくとベターです。

プライバシポリシーは個人情報をどう管理し、扱かっているかを記載し、ユーザーに安心してメールアドレスなどを書いてもらうことを意図しています。

このプライバシポリシーをフォームの下に記載しておきます。

こちらは日本語の見本ですが、検索をすると様々なプライバシーポリシーに関するテンプレートがありますので、それをそのまま使えば、問題ないかと思います。

Contact Form 7 private

ご自身のホームページにフォームを設置し、ユーザーとのやりとりを可能にしていきましょう。

使い方と詳細な設定方法はこちらのページが詳しいので、URLを掲載させていただきます。

英語サイト
http://contactform7.com/docs/

日本語サイト
http://contactform7.com/ja/docs/



このエントリーをはてなブックマークに追加


最新ワードプレス記事!

2017-06-22 「BackWPup」プラグインを使ってワードプレスのデーターをバックアップしよう NEW!


2017 3/2 ワードプレスの子テーマを作成する


2017 2/17 ワードプレスの「ホーム、ブログ、サンプル、その他」のページにそれぞれ別のメイン画像を設定する


2017 2/02 ワードプレスのPHPを使って、それぞれのページに別のメイン画像を設定する


2017 1/20 ワードプレスの各ページに違うメイン画像を設定する


2017 1/5 ワードプレスのメイン画像の重要性


2016 12/15 「WPTouch Mobile Plugin」を使ってスマートフォンサイトのデザインを変更する


2016 11/17 「JETPACK」プラグインを使ってアクセス解析、セキュリティ対策を行う


2016 10/6 ブログ記事にアイキャッチ画像を導入する


2016 09/23 Smart Slider 3 スライダープラグインを導入する


2016 08/11 「Contact Form 7」プラグインを使用する


2016 07/14 「All in One SEO Pack」プラグインを使う


E-mail を入力するだけで、あなたのHPを作るための
ノウハウメールマガジンを無料でお届けします
E-mail:
  

上部へ